品川商工 株式会社          E-mail: sales@shinagawashoko.co.jp                           お問合せ

■沿革

昭和34年 6月

 創業者 中村利信が電気絶縁材料などの製造・販売を目的として 、創業。

昭和34年 7月

 株式会社に改組し、品川商工株式会社を設立。

昭和35年 3月

 自家製品の端子キャップ、束線バンド、支持台の製造を開 始。

昭和41年11月

 東京都品川区西品川に、事務所兼工場(地下1階地上4階 )を建設。

昭和44年10月

 東京都品川区西品川の事務所隣接地に第二工場(4階建) を建設し、生産体制の整備をする。

昭和45年 8月

 ディップモールド成型用完全自働機械の自家制作に成功、 製造工程の合理化を進める。

昭和45年 9月

 品質の向上と新製品の研究開発のため、研究部門を新設。

昭和48年 8月

 東京都品川区大崎に、本社屋(6階建)を新築。 本社機能および商品管理部をここに移し、業容の拡充と効率化を図る。

昭和48年12月

 当社製品コンデンサーカバー、コネクトスリーブ、シール ドキャップなどが、米国・UL規格に合格。

昭和50年 4月 

 関西地区のサービス拡充のため、大阪市北区に大阪営業所 を開設。

昭和53年 6月 

 貿易部門を新設し、直貿体制を整える。

昭和53年 9月

 シンガポールで開催の「インターネプコン・ショー」に商 品を出展。

昭和54年 3月

 当社製の材料である耐熱塩化ビニール樹脂が、電気用品取 締法による絶縁物に暫定登録された。

昭和54年 4月

 東京都大田区東糀谷に、羽田工場(3階建)を建設。

昭和54年 7月

 創立20周年を迎える。

昭和54年 9月

 台湾・台北市で開催の「インターネプコン・台湾」に商品 を出展。

昭和55年 2月

 米国ロサンゼルス市で開催の「インターネプコン・’80 ウエスト」に商品を出展。

昭和55年 7月

 名古屋市名東区に、名古屋営業所を開設。

昭和57年 1月

 東京都品川区東品川に、流通センター(地上3階、地下1 階建)を建設。

昭和58年 4月

 液状シリコーンゴムのディップ成形法を、トーレシリコン (株)と共同で開発し、製品化に成功、生産に入る。

昭和59年 7月

 創立25周年を迎える。

昭和59年 7月

 大阪営業所を大阪府吹田市へ移転。

昭和59年10月

 当社製品コンデンサーカバー、コネクトスリーブ、シール ドキャップなどが、カナダ・CSA規格に合格。

昭和61年10月

 東京都大田区東糀谷に、新工場(3階建)を建設。大崎工 場を新工場に全面移転し、新工場を「羽田第一工場」既存の羽田工場を「羽田第二工場」とそ れぞれ呼称する。

昭和63年 6月

 東京都大田区東糀谷に、流通センター(4階建)を新設。

平成元年 7月

 創立30周年を迎える。

平成 2年10月 

 営業サービス拡充のため、長野県松本市に「松本営業所」 を、茨城県つくば市に「つくば営業所」を開設。

平成 2年11月

 シンガポールで開催の「インターネプコン・ショー」に商 品を出展。

平成 3年 4月

 店販部門を分離独立させ、東京都品川区東品川に、関連会 社「株式会社クオレ」として発足。

平成 4年10月

 シンガポールで開催の「インターネプコン・ショー」に商 品を出展。

平成 6年 6月

 中国・上海市で開催の「インターネプコン・ショー」に商 品を出展。

平成 6年 7月

 創立35周年を迎える。

平成 8年 4月  中国・北京市で開催の「インターネプコン・ショー」に商 品を出展。

平成11年 7月

 創立40周年を迎える。

平成13年12月  東京都品川区西五反田に新自社ビルを建設、本社を移転。
平成16年 6月  本社・流通センター・羽田第一工場・羽田第二工場において「ISO14001」の認証を取得。
平成16年 7月  創立45周年を迎える。
平成18年 9月  本社・流通センター・羽田第一工場・羽田第二工場において「ISO9001」の認証を取得。
平成19年10月  創業者、代表取締役社長 中村利信 死去。
平成19年11月  取締役中村利惠、代表取締役社長就任。 

会社案内に戻る

ホームページに戻る